Skip to content
LAN Bridge (コマンドフュージョン必須機器)

LAN Bridge

コマンドフュージョン必須機器

宅内LAN(社内LAN)とCF Linkとのブリッジです。 CF LinkやDIN-MOD4などのメインコントローラーは、直接LANを接続できないため、このLAN Bridgeを使ってLANに接続することができます。 コマンドフュージョン製品を導入する上で、実質必須アイテムとなります。
【対応インターフェイス】
CF-LINK RS-232

インターフェイス

シリアル通信とも呼びます。特定の文字列を機器と送受信するのに使います。 (用途)バーコードリーダー、AVアンプ、ルートロン、医療用用血圧計、QRコードリーダーなど

■RS-232C

シリアル通信とも呼びます。特定の文字列を機器と送受信するのに使います。
(用途)バーコードリーダー、AVアンプ、ルートロン、医療用用血圧計、QRコードリーダーなど
コマンドフュージョン連結インターフェイス。用途に合わせて最大235台を拡張! (対応機器)CF Mini / DIN-MOD4 / SW-16 / IR Blaster

■CF Link

コマンドフュージョン連結インターフェイス。
用途に合わせて最大235台を拡張!
(対応機器)CF Mini / DIN-MOD4 / SW-16 / IR Blaster

同時接続台数15台!!

LANBridge

玄人が分かるすごい所!

■「スケジューラー」が凄い!

「〇〇時△△を実行」は当たり前。そのスケジュールを毎日、毎週〇曜日、毎月〇日、と細かく設定できます。更に実行タスクは、マクロ(複数の実行を時間差で実行)を組むことができます。

■TCPソケットテキストを受けてルールを実行

サーバモード(LISTEN)で待機させて、入ってきた文字列を使って、CF Miniの内蔵リレーを開閉させる、といったルールを作ることができます。
(顔認証システムでよく使われます。)

■シリアル~TCPをリアルタイム転送

RS-232Cで受けた文字列を、なんとTCP/IPソケットでリアルタイムで転送することができます。
(その逆も可能!)

■受けたテキストをTCP/UDPでリアルタイム転送

サーバーモード(LISTEN)で受信した文字列(hoge)を、TCPやUDPで別のサーバーに転送することができます。

設置事例

盤に取り付け

某フィットネスクラブに採用。
写真の盤は河村電器産業の「KVH 6050-14K」。

CF Linkで連結

スマートガレージでの写真です。
LAN Bridgeを起点に、「CF Link接続」でCF Miniが2台連結されているのが分かります。

国公立大学にも採用

本製品は愛知県立大学のプレゼンテーションルームにも採用されました。信頼の高さが分かります。

  • 大阪本社

    所在地
    : 〒532-0011
    大阪市淀川区西中島4-11-17
    新大阪龍馬ビル5F
    電話番号
    : 06-6476-9510
    FAX
    : 06-6476-9511
  • 関東試験室

    所在地
    : 〒359-1111
    埼玉県所沢市緑町4丁目30-23
    メゾンドカザマ203
    電話番号
    : 04-2941-2811
    • GreenWorksWiki
    • facebook
    • Youtube