Skip to content

LAN Bridgeランブリッジ

LAN ~CF Link変換装置

コマンドフュージョンを導入する上で、実質必須アイテムとなります。

CF Mini・DIN-MOD4・DIN-RYx-Nなどのコントローラーは、直接LANに接続でません。このLAN Bridgeを使ってLANに接続することができます。

このほか、TCPソケットで入った文字列、瞬時に「シリアル」「UDP」「TCPで別のサーバー」に転送する「ブリッジ機能」も搭載。まさに名前のごとくLAN Bridge!!

【対応インターフェイス】
CF-LINK RS-232 TCP UDP

特徴


LAN Bridgeはコマンドフュージョンを導入する上で、実質「必須」となる装置になります。

CF Mini、DIN-MOD4、DIN-RY5-N、DIN-RY8-Nといったコントローラーは、LANの接続端子を持ちません。LAN BridgeとCF Linkで接続し、LAN BridgeがこれらのコントローラーをLANに接続してくれます。

LAN Bridge自体の機能も実は満載!「TCP」→「UDP」に変換したり、「TCP」で受けた文字列を別のコントローラーにリアルタイムで転送するなど、LAN Bridgeの名前のごとく、ブリッジ機能が豊富で扱いやすいように設計されています。

概要


  • CF Link~Ethernet変換装置 (CF Mini, DIN-MOD4, DIN-RYをLANに接続するための装置)
  • iViewer4など、TCP/IP同時セッション数、なんと最大25!!!
  • RS-232C内蔵
  • 「TCP」「UDP」どちらも対応。
  • 「TCP」で受けたテキストを「シリアル」や「別のIP」にリアルタイムで転送する「ブリッジ機能搭載」
  • 「TCP」で受けたテキストをリアルタイムで「UDP」に別ポートにも転送可能 (Bright Starなど)。
  • 内蔵タイマールール機能搭載
  • 特定の「テキスト」を受けたことで、内部のマクロを実行する”オンボードルール”搭載。

  • 大阪本社

    所在地
    : 〒532-0011
    大阪市淀川区西中島4-11-17
    新大阪龍馬ビル5F
    電話番号
    : 06-6476-9510
    FAX
    : 06-6476-9511
  • 関東試験室

    所在地
    : 〒359-1111
    埼玉県所沢市緑町4丁目30-23
    メゾンドカザマ203
    電話番号
    : 04-2941-2811
    • GreenWorksWiki
    • facebook
    • Youtube