VPNもポート転送も不要「Linked Online Service」販売開始

Linked Online Service - Green Works

株式会社グリーンワークスは、2019年12月19日(木)、コマンドフュージョン専用クラウドサービス『Linked Online Service(LOS)』の提供を開始致しました。

LOSの最大の特徴は、インターネット環境に関係なく、iPhoneなどを使って外から宅内のコマンドフュージョンと接続を確立できる点です。マンションやオフィスでも外からリレー・JEM-Aなどの双方向通信の制御ができる画期的なシステムです。
(以下詳細)

当社の従来のサービス

マンションなどの集合住宅の場合、大もとの回線は共用部で管理していると、
コマンドフュージョンを使って外から操作することはできませんでした。(当社の場合)

Linked Online Service (LOS)の場合

  • 宅内ブリッジ⇒クラウドから届いたコマンドを、そのままコマンドフュージョンに転送する働きをします。
  • クラウドの専用ディレクトリ:アプリからの命令を、そのまま宅内ブリッジに転送します。

宅内が当社のクラウドとトンネルをはります。iPhoneからの命令が上記2つの設定によりコマンドフュージョンそのまま伝えられる画期的な仕組みです。

外出先からスマホで家の家電を操作するLinked Online Serviceのフロー
(下の図の青・オレンジの矢印はトンネルの接続の向き。細いベージュの矢印はパケットの向きを表しています。)
宅内ブリッジからクラウドへセッションを接続。アウトバウンドなのでVPNやポート転送が要りません。

宅内ブリッジがクラウドにトンネルをはります
iPhoneがキャリア回線を使って「命令」を送信

クラウドが宅内ブリッジに転送
更に宅内ブリッジがCommandFusionに転送

  • ポート転送不要!
  • VPN不要!
  • 固定IPアドレスは不要!
  • ルーターはどのメーカー、どの機種でもOK!
  • 広大な施設であればWiFiは使わずキャリア回線のみでOK。

分かりやすく解説!!

(LINEなどのショートメッセージの技術を採用)

皆さん自宅に居ながらスマートフォンにLINEなどのメッセージが届くのを経験したことがあると思います。その時、実はメッセージが届いているのではなく、スマホ(またはパソコン)がクラウド上のサーバーからメッセージを引っ張っているのです。だからルーターに何も準備しなくてもメッセージが届くのです。
本システムの宅内ブリッジはこれに近い動きをしています。

宅内ルーターは、引っ張った命令を更にコマンドフュージョンに転送するのです

実際の動画

タイムラグが殆どないのがお分かり頂けますと幸いです。

ここがスゴイ!

  • 宅内においては、クラウドを介さずコマンドフュージョンに直接接続
  • ところが「宅外に出た」と判断した時点でその命令の送信先をクラウドに変更します。