テレワークで外から社内のPCの電源をオン

社内のPCの電源をオン!

在宅テレワークでにおいて「いざ」という時のソリューション

在宅テレワークにおいて社内のPCをリモート操作する際、肝心の電源が切れてしまっていてはどうすることもできません。いざという時に手軽に電源を投入できるソリューションです。

※当製品は、電源を投入する装置です。シンクライアントやTeam Viewerなどのリモート操作の機能は別途お客様でご用意ください。

リモートデスクトップ
ユーザーは専用WEBにログオンしたあと、電源を投入します
IT管理者の負担軽減
私自身のIT管理者の経験をもとに作られました。

今すぐ導入できます!

IT管理者の負担を考えて設計しました

  • 月額料金不要
  • 全て暗号化安全
  • VPNは不要!!
  • ルーターやFirewallの設定不要
  • 固定IPもDDNSも不要!!
  • PCにソフトをインストールする必要はありません
  • 社内にある「ハブの空きポート」に挿すだけ
  • ユーザー自身がパソコンの電源を投入できる!

「ヘルプデスク担当者」なら誰でも簡単に設定できます。

ハブの空きポートに挿すだけ

「VPNでまず接続」の必要がありません

設定は「クラウド」「本機の設定」「各PCのWake On LAN」の3つだけ

一般的に、外からPCの電源を入れるには、ルーターが「マジックパケット」と呼ばれるプロトコルに対応した機種が条件となります。『リモートウェイクプロ』を使えばその必要は無し!貴社の今のIT環境ですぐにご利用頂けます。

ルーターの設定不要

不要!

最大250台のPCの電源を投入

割り当ては設定で自由自在!

IT管理者は、誰がどのPCの電源を入れられるかを設定。
ユーザーは、設定されたPCの電源のみ投入することができます。

Remote Wake Proアサイン
remote-wake-pro
※デザインは変更することがあります。

Remote Wake Pro (リモートウェイク プロ)

ルーターやファイヤーウォールの設定は一切不要!

外出先から会社のパソコンを電源オン

外出先から会社のPCの電源を入れることができます。
「VPNやTeam Viewerで社内のPCにアクセスしたい。」
「社内の人に頼みにくい・・。」
どこからでもPCの電源を投入できます。


 (法人限定販売) 95,000円(税別)

– OS:Raspberry Pi Raspbian Lite (Node-Red)
– 寸法(幅W×高さH×奥行D)(mm) :65×37×95

Youtubeで解説

当社アルバイトスタッフに本製品の使い方を説明する様子を撮影しました。
彼女自身初めて触ります。殆ど打ち合わせ無の一発撮りです。
手振れなど多少ありますが、ご容認頂けますと幸いです。

【手順】
0:00:「同一LANでの簡単なテスト」
2:00:「クラウド上の設定 (PCを作成~ユーザーの作成~割り当て)」
6:09:「Remote Wake Pro本体の設定」
7:44:「おさらい」
8:39:「実際に動かしてみる!!」

全ての会社で導入できる理由

下の図のとおり、本機が社内からクラウドに向けてトンネルを作ります。(Outboundポートのみ利用)
命令はそのトンネルの中を通るので、「NAT越え」の概念がありません。「グローバルIPアドレス」「DDNS」「VPN」「マジックパケット」「ポート転送設定」これらは全て必要ありません。

Remote Wake Pro

WOL = Wake On LAN (ウェイク・オン・ラン)

①:本機の電源を入れると、クラウドにトンネルを作ります。
②:直後に、本機はクラウドに「命令が入るのを常時待機」します。
③:宅内のPCからクラウドに向けて命令が送信
④:クラウドにWake On LANの命令が入ったのを本機が感知します。
⑤:あらかじめ設定されたPCに対して、瞬時に転送します。
⑥:PCの電源がONになります。

よくある質問

どういったお客様向けの商品ですか?

テレワークにおいて、シンクライアントやノートパソコンからリモートで操作する環境のある企業がターゲットとなります。
もっと言えば、“情報漏洩など、社内セキュリティーを重視している企業” を対象としております。

ブログを参照

Wake On LANの設定をグリーンワークスさんにお願いしたい。

申し訳ございませんが、Wake On LANはお客様が各自で行って頂いております。

スリープ中の動作はどうなりますか?

「パソコンがスリープ中はどうなりますか?」

「ノートパソコンの蓋を閉じている時はどうなりますか?」

・・・本機はパソコンに対してMagic Packetと呼ばれる信号を送信する装置です。その後パソコンがどういう動作をするかはパソコンによって異なりますのでお答えできかねます。予めご了承下さい。

PCのシャットダウンはできますか?

できません。
本製品は電源を入れたあと、リモートデスクトップやTeam Viewerなどで遠隔でアクセスすることを目的として開発しました。電源さえ投入すれば、対象のPCにアクセスして電源を切ることができるので、本製品に電源を切る機能は設けませんでした。

うちの会社はセキュリティーがかなり強固です。導入できますか?

できます。
ヤフーニュースを閲覧したり、Google 検索ができるインターネット環境さえ整っていれば、全ての会社に導入できます。
デモ機の貸出も可能です。「お問い合わせ」よりご連絡下さい。

貸出に際して

安全性は?

①クラウド上の操作
②Remote Wake On ~クラウド
③Remote Wake Onの設定画面

これらは全て暗号化されているので安全です。

パソコンが乗っ取られる心配は?

本製品はクラウドを使ってWake On LANという電源を投入するだけの製品です。

設定は誰でも簡単にできますか?

IT管理者レベルのITリテラシーがあれば、誰でも簡単に設定できます。法人限定にしているのはそのためです。

設定はcsvでインポートできますか?

申し訳ございませんが、できません。

複数のオフィスも操作できますか?

各拠点に1台ずつ必要です。
例えば東京オフィス、大阪間がSite to Site VPNで接続されている場合、両方に1台ずつ必要です。
>>Wikipedia参照

電源のON/OFFの「状態」は分かりますか?

残念ながら分かりません。
電源がついたかどうかの確認は、実際にアクセスできるか否かでご確認下さい。
本製品はPCの電源を入れるだけの装置です。

  • 新大阪ショールーム

    所在地
    : 〒532-0011
    大阪市淀川区西中島4-11-17
    新大阪龍馬ビル5F
    電話番号
    : 06-6476-9510
    FAX
    : 06-6476-9511
  • 東京営業所

    所在地
    : 〒107-0052
    東京都港区赤坂2-16-6
    BIZMARK赤坂
    電話番号
    : 03-6403-0908
    • GreenWorksWiki
    • facebook
    • Youtube