照明制御の特徴

リレー操作ならではのメリット

LED・白熱灯・ハロゲン等、全ての照明に対応しています。

全ての照明ランプに対応

LED・白熱灯・ハロゲン等、全ての照明に対応しています。
特別な照明スイッチは使用しなくても、パナソニックコスモ21と併用できます。

普通の壁スイッチと併用可

特別な照明スイッチは使用しなくても、パナソニックコスモ21と併用できます。
最大189万回路(理論上それ以上)の照明をたった1つのボタンで同時に操作できます。

回路数が無制限

最大189万回路(理論上それ以上)の照明をたった1つのボタンで同時に操作できます。
ON/OFF状態をアイコンで確認しながら操作できます。

ON/OFF状態が確認可能

ON/OFF状態をアイコンで確認しながら操作できます。

その他の特徴

必ず他社と比較していたいだております

物理スイッチとそん色ない高速レスポンス

1つのアプリで他の機器も操作できる

AIスピーカーからも操作できる

外から操作できる

 200Vの照明にも対応できる

アンペア数に制限がない

無接点リレーを使えるので音が静か

ON/OFFを感知するの為の配線が要らない

「アプリ対応の照明ランプがあるのに、なぜコマンドフュージョンを使うの?」

好きな照明ランプを自由に選べるからです

cf-03

アプリ対応照明のデメリット

 電球そのものに無線機能が搭載されているため高価。

 壁スイッチは特殊なものが使われていることが多い。

 回路数に制限があることが多い。

 Bluetoothを使うことが多い。

 専用アプリを使うため、他の機器を操作できない。

「アプリ対応の照明スイッチがあるのに、なぜコマンドフュージョンを使うの?」

好きな照明ランプを自由に選べるからです

物理スイッチ

アプリ対応照明スイッチのデメリット

 200Vの照明ランプに対応していない。

 アンペア数に制限があります。

 回路数に制限があります。

 ON/OFFどっちに切り替わったか分からない物もある。

 専用アプリからなので、他の機器を操作できません。