コマンドフュージョン

4つのインターフェイスとCF Linkで無限の可能性

hp_cf_main-01

1. 「IOポート」がスゴイ

  • IOポートって?

    IOポートって?

    感知することによって、何かを実行します。
  • IOポートの役目
  • LINEに通知
  • MOD-IO8

    MOD-IO8

    DIN-MOD4に装着します。

「接点を感知する役目をします」

センサーや押しボタンと接続して使用します。隣合った接点が短絡することで、アイコンを変えたり、LINEで通知して使い手にそれを知らるなど、受動的な働きをします。
その他、後述のコマンドフュージョンのできること全てを実行します。
言わばトリガー的な働きをします。

このIOポートを使いこなすかどうかがで、そのオートメーションシステムシステムの利便性が決まる、と言ってもいいでしょう。

2. 「リレーポート」がスゴイ

  • 更に大きいリレーを開閉

    更に大きなリレーを開閉させて負荷の大きいものに対応できます。
  • ガレージシャッターに

    ガレージシャッターに

    無電圧ワンショットをシャッターに送信します。
  • JEM-A変換アダプターに

    JEM-A変換アダプターに

    無電圧ワンショットをシャッターに送信します。

「照明・シャッター・ポンプなどを制御します」

「開く」「閉じる」「トグル(反転)」「ワンショット」の4種類の命令を使い分けることで、様々なオートメーションを実行できます。
メーク接点で動くもの・・・シャッター、JEM-A、電気錠など
電源の入切で動くもの・・・ポンプ、照明、モーターなど
これらをスマホや前述のIOポートを使って、自由自在に制御できます。

3. 「IRポート」がスゴイ

ir-01

アマチュア向けの学習機と違い誤作動がありません

IRE-SlimやGW-IRB4に接続。これらからリモコン信号を発光して、エアコン、AV機器、電動カーテン、などを制御できます。
一見ネット通販や家電量販店で手に入る「学習リモコン」と同じ機能にみえますが、実はコマンドフュージョンは大手家電メーカーのON/OFF個別の信号を備えています。その為「意図した方向に切り替わった!」という誤作動がありません。

学習リモコンとココが違う!

コマンドフュージョンは工場出荷状態から「ON」「OFF」個別の信号を備えています

onoff-s01

一般的な学習リモコンの「一斉オフ」は、神頼み

家電量販店やネット通販で手に入るで学習機でテレビの「電源」を学習した場合、その信号は「ON」でもなく「OFF」でもなく「電源」の信号です。あなたが「一斉オフ」をした時、意図した方になるかどうかは「運」なのです。

onoff-s02

4. 「RS-232C」がスゴイ

「学習リモコンには無い双方向通信」

機器の状態をアイコンやインジゲーターに表示することができます。

またRS-232Cを持っている機器は、照度、音量など「値(変数)」を指定して操作できるものが殆どです。
学習リモコンと違って、より細かな命令を送る事ができます。

5. 「CF Linkポート」がスゴイ

237台も拡張できる!

操作画面に配置できるのは、ボタンだけではありません。
IPカメラのWEBページをはめ込めば、簡易セキュリティーに対応。パスワード認証画面を作ることで、特定の人しか操作できないページに飛ぶことも。
URLスキームで、カレンダーなど他のアプリにジャンプ。使い方はアイデア次第!!