新築ならではの有線式コントロール

各機器に対して “確実に” 信号を届けます

コマンドフュージョン・概要図

状態がアイコンで分かる

「双方向通信」でコマンドフュージョンが機器の状態を感知

tokucho_0313_tasya_3

アマチュア用キットとの違いはココ

アマチュアの用のキットの場合、外から家電を操作はできても、「実際のついたか消えたかは、確認する方法は無い。」といったものが多くあります。
コマンドフュージョンを使うことで、「照明」「ポンプ」「シャッター」「床暖房」「空調機」これらの状態がアイコンで分かります。
しかも有線式だから安定!!

普通の照明ランプでOK

「電流値」「回路数」などに制限がありません

Print

スマホ対応ランプやスイッチの意外な欠点

・照明ランプを自由に選べない
・電流値に制限がある
・回路数に制限がある
・他の機器と連動ができない
・アプリだらけになって操作が煩雑になる
・使うたびにBluetoothを起動しなければならない
などがあります。コマンフュージョンとリレーを使えばこれらの制限が一切ありません。

旧来の技術と混在できます

「壁スイッチ」「リモコン」と併用ができます

tokucho_0313_tasya_5

「何でもスマホで操作」はもう古い!!

「リモコン集約!」というキャッチコピーは、分かりやすいため当社もそれに乗っかっていた時期もありました。
しかし家庭からリモコンも壁スイッチも無くなっておりません。
コマンドフュージョンは、「リモコン」「壁スイッチ」「一般的なセンサー」これら全てと連携することで、従来の技術の良さも生かすことができます。