Skip to content

DIN-RY5-N

5chリレーコントローラー

扱いやすいC接点リレー(定格1A 30V)。瞬時A接点はもちろん、常時A接点、B接点を出力することで、自由なIoTが実現。LAN Bridgeと組み合わせて、さまざまな電気機器をスマートフォンで操作することができます。更にLOSと組み合わせることで、遠隔での操作が可能。

【対応インターフェイス】
CF-LINK RS-232 リレー 接点感知

特徴


DIN-RYシリーズは、コマンドフュージョンの中でも、リレー制御に特化したコントローラー。DIN-RY5-N(JP)は、リレー…x5ポート、接点感知…x2ポートを搭載しております。

しかもリレーは、扱いやすいC接点!A接点に使ってもよし、B接点に使ってもよし、瞬時接点に使ってもよし。

RS485の連結バスで最大237台連結が可能!

そのほかにRS232Cも搭載。温度センサーなどの温度を文字列で、iViewer4に届けます。

もちろん当社自社開発の「LOS」を使うことで、遠隔での操作が実現

ロードヒーティングの制御に仕様した時の設置例。(北海道札幌市)
ロードヒーティングの制御に仕様した時の設置例。(北海道札幌市)

概要


  • LANポート:無 (アプリで操作するには、LAN Bridgeが必須)
  • (x5)リレー (C接点、1A x 30V)
  • (x2) 無電圧接点感知 – 別途取り付けの「物理ボタン」を感知したり、アプリ内のアイコンを変化させ、機器のON/OF状態(開/閉)「状」態を視覚化。
  • (x2) RS485 IN/OUT」拡張バス (CF Linkにも可。最大237台連結)  
  • (x1) RS232C (プログラム用、コントロール用)
  • (x5) 現場作業がしやすい、リレー操作用ミニ押しボタン (デフォルトはトグル。瞬時にも変更可)