工事業者の皆様へ

導入にするにあたって、皆様のご協力が必要となります。
工事の過程や素朴な疑問についてお書きしました。

なぜグリーンワークス

お出かけボタン

メーカー純正アプリとの違い

各メーカー純正アプリでいいのでは?

大手家電メーカーからスマートフォンで操作できる機器及びそれ用のアプリが多くリリースされています。「なのになぜわざわざお施主さんはCommandFusionを導入するのですか?」という相談を受けます。

一言でいうと、CommandFusionからの操作にしておけば、違うメーカー・違う機器を1つのアプリで集中制御できるのが1番のメリットです。
>>詳しくはこちらのブログご覧ください

パターン1

個別にON/OFFする箇所

押しボタンスイッチとiPhone/iPad、どちらからでも照明を個別に入切できます。iPhoneの場合外からも操作可能。
スイッチ機能をパワーリレーで行い、壁スイッチはCFMiniに対して無電圧接点を送信します。
照明メーカーから出ているアプリと違い、パワーリレーが容量を満たしていれば全ての照明器具に対応します。

パターン1の工事方法

工事責任区分があやふやでは?

その為にこちらの動画を作成しました。盤にスイッチを設ける奇妙な工事になります。
ここまでが建築側の工事(責任区分)となります。あとでそのスイッチをパワーリレーに交換。そのスイッチをCF Miniを使って開閉させることで、iPhoneと壁スイッチのどちらからでも操作が可能になります。

パターン2.ゾーンスイッチ

ゾーンスイッチとは

ゾーンスイッチを押すと傘下のスイッチが一斉OFFになります。「ホテルのカードキーを抜き差しすると、主電源がON/OFFする仕組み」と原理がよく似ています。

こんな所に! : トイレ、階段、通路など

ここまでが建築業者様工事区分!!

・「ブレーカー」~「スイッチ」~「照明器具」の配線は通常工事とほぼ同じ
・ただし「ブレーカー」~「スイッチ」の間に”主スイッチ”を敷設
・主スイッチは情報分電盤内に設置して下さい
・主スイッチをONにするとパイロットランプがONになる配線にお願いします
・主スイッチがONにならないと、照明はONになりません
これで工事進行中影響無し。責任区分も明確です。

ここからがグリーンワークス責任区分!!

・主スイッチをパワーリレーに交換
・CommandFusionからパワーリレーを制御。
・パイロットランプをブランクパネルに移設。

 

  • 大阪本社

    所在地
    : 〒560-0034
    大阪府豊中市蛍池南町2-4-8
    電話番号
    : 06-6151-4118
  • 新大阪ショールーム

    所在地
    : 〒532-0011
    大阪市淀川区西中島4-11-17
    龍馬ビル501
  • 東京営業所

    所在地
    : 〒107-0052
    東京都港区赤坂2-16-6
    BIZMARK赤坂
    電話番号
    : 03-6403-0908