代表者の紹介

名前田畑 雅弘
生年月日1975年10月30日
出身地大阪市港区(弁天町)
出身校大阪工業大学工学部電気工学科
血液型O型
趣味野球観戦、アジアの言葉の習得
特技車庫入れ、ノック
好きな食べ物すき焼き、スイーツ
嫌いな食べ物パクチー
座右の銘「行った方が早い」
大学卒業と同時に上京。音響特機株式会社で会議室のAV機器のシステム設計とクレストロンのプログラミングを担当する。
その後ブラックボックス、JWTをを経て、2010年父の会社であるグリーンワークスにホームオートメーション事業部を設立。
仕事柄、IT人間と思われているが、実は生粋のアナログ人間。
2006年に東京都目黒区から埼玉県所沢市に移住し今に至る。実家は大阪府豊中市蛍池。プライベートでは2010年に結婚、現在2児を持つ。阪神ファン。

経歴

音響特機時代

ジェイ・ウォルター・トンプソン時代

コマンドフュージョン(メルボルン)にてトレーニングを受講 (2012年)

1998年

音響特機株式会社に入社。クレストロンによるAV機器のタッチパネル化によるシステム設計、プログラミングを担当。リーマン・ブラザーズ、J・ウォールター・トンプソン、ドイツ証券、ブルームバーグなどを担当。

2002年

ブラックボックス・ネットワークサービス株式会社に転職。工事部配属と言われ転職したのに、朝から晩まで電話応対と伝票処理。ただ、このときのデスクワークの経験が後に生かされる。

2004年

J・ウォルター・トンプソン・ジャパンからヘッドハンティング。社内のクレストロンの管理。更にサーバー、ネットワーク、Cisco Call Manager, Macintosh, Lotus Notesなど幅広く担当。クレストロンを『運用する立場』に初めてなることで、これまでの自分のプログラムは自己満足が多かったことに気づく。

2010年

たまたま見たYoutubeでコマンドフュージョンと出会う。今まで見たことのないUIに感動。 父に相談し、父が経営する建築会社「株式会社グリーンワークス」にホームオートメーション事業部を設立。クレストロンのプログラマーの経験を活かし、コマンドフュージョンとクレストロンを融合したオートメーションシステムを展開を開始。

>>そのYoutube (別ウィンドウで開く)

2012年

コマンドフュージョン社(豪州)が自社のホームオートメーションコントローラーを販売開始するのを機に、同社があるオーストラリア・メルボルンに日本人として初のトレーニングを受講。
  • 新大阪ショールーム

    所在地
    : 〒532-0011
    大阪市淀川区西中島4-11-17
    新大阪龍馬ビル5F
    電話番号
    : 06-6476-9510
    FAX
    : 06-6476-9511
  • 東京営業所

    所在地
    : 〒107-0052
    東京都港区赤坂2-16-6
    BIZMARK赤坂
    電話番号
    : 03-6403-0908
    • GreenWorksWiki
    • facebook
    • Youtube