【iPhone/iPad】インストール済のアプリの「URLスキーム」を調べる確実な方法

裏技・裏ネタ

URLスキームとは?

URLスキームとは、アプリから他のアプリを起動する機能です。
スマートフォンでいろいろ調べていると、突然地図のアプリが開くのを経験したことがあると思います。それは「地図のアプリを開くためのURLスキーム」がそのサイトに埋め込まれていて、それをあなたがタップしたからです。

ホームオートメーションこそURLスキームをうまく活用しよう!

Linked Playerは、メーカー問わず様々な家電・電気設備をコントロールできます。操作したい機器にアプリがあれば、Linked Playerからそのアプリを起動することができます。(AVアンプ、HUE、お掃除ロボットなど。)

URLスキームを使って純正アプリを起動させることで、リモコン学習、コマンド解析など、ハックする手間が省けます。

本方法はグリーンワークスのサポート対象外です。あくまでも紹介です
AppSiterの使い方は当社では受け付けません。ご了承下さい。

AppSitterというソフトを使います

ソフトはAppSitter(有料)を使います。購入及びダウンロードの方法は割愛します。

説明

  1. iPhone/iPadにUSBケーブルを使って、パソコンとiPhone/iPadを接続します。
  2. AppSitterを起動します。
    (必要に応じてアプリの「続行」及びiPhone/iPadから「信頼」を選択して下さい。)

  3. URLスキームを知りたいアプリを選択して、「ダウンロード」をクリックします。
    この例では「Linked Player」のURLスキームを調べていますが、Linked Playerからあなたが起動したいアプリを指定して下さい。

  4. 以下の方法で 「IPAファイルをエクスポート」を選択して下さい。(クリックすると再生します。)

  5. IPAファイルをしたら、拡張子をzipに変更。info.plistを探して開きます。(クリックすると再生します。)
  6. <key>CFBundleURLSchemes</key>で検索して下さい。
    その下の <string>で囲まれているものがURLスキームです。

ボタンに埋め込む

GUI Designerを開いて対象のボタンを開きます。URLスキームの最後に :(コロン)を入れれば完了です。
下記スクリーンショットはPanasonic社の「Image APP」というアプリです。