とったらリモコンの「ON/OFF状態」をスマホで確認する方法

とったらリモコン 照明

“Panasonicとったらリモコン”は、アイリモコンやNature Remoなどと併用することでスマートフォンやグーグルホーム、更にアレクサからも簡単に照明をON/OFFできるのが特徴です。工事も普通の照明スイッチと全く同じなのも特徴です。果たしてその使い勝手は?

この方法は、当社はもちろんPanasonic社の保証外です。
自己責任でお願いします。

“とったらリモコン” を使ってON/OFFの状態を確認する方法はありません。

冒頭からガッカリさせるようでスミマセン。とったらリモコンを採用して、スマートフォン上で照明がON/OFFどっちに変わったかを確認する方法は、目視しかありません
但し1つだけ方法があります。(イレギュラーな方法なので当社は一切責任を持ちません。)

工事1-まず100Vリレーを取り付けます

(工事1) 照明と並列にリレーを取り付けます。リレーはコイル側がAC100Vのものを選んで下さい。
照明と並列にリレーを取り付けます。リレーはコイル側がAC100Vのものを選んで下さい。

工事2-リレーからIOポートまで配線

IOポートはいろいろ機能があります。この場合「接点感知」に使います。

(工事2) リレーの二次側をIOポートに接続します。これで照明がONの時はIOポートは無電圧接点を感知します。
リレーの二次側をIOポートに接続します。これで照明がONの時はIOポートは無電圧接点を感知します。

とったらリモコン

このように照明がONになると、コントローラーのIOポートは無電圧接点を必ず感知します。
合わせて下記もご一読下さい。

赤外線学習リモコン装置には搭載できない「IOポート」って?
コマンドフュージョンには「赤外線」「リレー」などの他に、「IOポート」というインターフェイスを持っています。IOポートはあまり聞き慣れない言葉かと思いますが、このIOポートがあるか無いかが、ネットで手に入る簡易版オートメーションとコマンドフ...

GUI DesignerでiPhoneの押し釦を作ろう

GUI DesignerでiPhone/iPadの操作画面をプログラミングします。

 

そしてGUI Designerから「リレーに接続されているIOポートが接点を感知した時、アイコンを変える。」とプログラミングすればOKだよ!!

下記がその画面。詳細は代理店トレーニングにてご説明します。

 

ここでは操作するボタンと同じボタンをアクティブにさせています。 詳細はパートナートレーニングで説明します。 ここでは操作するボタンと同じボタンをアクティブにさせています。

まとめ

結局の所リレーでON/OFFするのが一番になる

この方法を取れるだけの配線ができるなら、最初から電源自体リレーで制御する方法を使った方が賢明です。なぜならとったらリモコンを採用した場合、下記のマイナスポイントがあります。

  • Ach,Bch,Cchの3系統までしか制御できない。
  • 発光器の位置を心配しないといけない。
  • 店舗などによく使われるハロゲンや白熱灯だと容量オーバーになりやすい。
  • オフィスなどの200Vのシステム照明には非対応。
  • ON/OFF信号がトグルなので、「ON!」「OFF!」といった意図した信号(Descrete)が送信できない。例えば、「一斉OFFができない。」

下記のブログも合わせてご覧ください。

壁スイッチとスマホの両方から照明を入切する方法
去年辺りから、「IoT対応」と称して、アマチュアでもスマホやAIスピーカーを使って照明を入切できる装置が沢山登場しました。 果たしてそれらは本当の意味で「使えるもの」でしょうか? リレーを使って照明を入切させる方法が最強説 まずは動画...

あくまでもアマチュアの趣味

とったらリモコンを使って照明を入り切りさせる方法は、アマチュアの方が趣味で行う方法と考えております。
当社ではこの方法を積極的には採用しておりません。

コメント