入居後でもスマホで照明制御したい!|リレー制御で照明を入切するための配線工事

入居後にホームオートメーション 工事

スマホを使って照明を入り切りする方法は実に様々あります。

スマホで照明操作|「アプリ対応ランプ」vs「その他の方法」使い勝手を比較!!
「オートメーション」といっても、機器もその「操作方法」も実にさまざま!!その中で、最も使い勝手に違いが現れるのは、”照明”です。とにかく照明はそのやり方が実に溢れているからです。今回は導入のしやすさと、使い勝手について比較したいと思い...

上のブログについて、ズバリ言いますと、調光や色を変える必要が無ければ、「リンクモデル」か「コマンフュージョン」を採用するのが賢明です。

コマンドフュージョンを採用すれば、1つのアプリで照明以外の家電も同時に操作できます。そこで、

「リンクモデルじゃ容量が足りない!」
「入居済でもなんとか導入したい!」

という要望がしばしばありますので、ブログにしてみました。

この方法は、二重天井でないと不可能です。

1.まずは通常のスイッチがこちら

↓まずは通常の片切スイッチの配線。これは世界共通です。

2.この3本を追いかけられたら導入可能

電気屋さんにお願いしてみる!!

スイッチ側の100V
②照明1に送る100V
③照明2に送る100V

この3本が追いかけらたら導入できます!!

上の3本をなんとか追いかけてみます。これが分からない場合は潔く諦めるしかありません。 上の3本をなんとか追いかけてみます。これが分からない場合は潔く諦めるしかありません。

①②③の配線をコマンドフュージョンのIOポートに接続

①②③をコマンドフュージョンのIOポートに接続。

↓壁スイッチは、片切から接点感知タイプに交換します。

各SWを押すたびに、IOポートが無電圧接点を感知するのが分かって下さい。

リレーと照明を接続

コマンドフュージョンのリレーポートとパワーリレーを接続します。
リレーポートが閉じると、照明が入り切りする配線にします。

4. 工事が終わったら “2つの仕込み”を行いましょう!

仕込み1 – 「IOポートが接点を感知したら、リレーの開閉状態を反転」

commandfusion - IOポート

この仕込み1によって、SWを押すたびに、照明は
・ONだったらOFFに
・OFFだったらONに
を交互に繰り返します。

仕込み2 – 「スマホの照明ボタンを押しても、リレーの開閉状態を反転」

この仕込み2によって、スマホの照明ボタンを押すたびに、照明は
・ONだったらOFFに
・OFFだったらONに
を交互に繰り返します。

「仕込み1」と「仕込み2」の2つの仕込みによって、壁スイッチとスマホのどちらを操作したも、ON/OFF交互に繰り返します!

 

「仕込み1」「仕込み2」、両方の仕込みによって、壁スイッチとスマートフォン、どちらから操作したも、照明は必ず
・ONだったらOFFに
・OFFだったらONに
を交互に繰り返します。

完成です!!
どちらを操作しても、必ずON/OFFを交互に繰り返します。

5.実際の工事の様子の写真

東京都港区の森ビル内の某金融機関にて。きんでんさんと共同工事。
↓①もともとの壁スイッチは、ごく普通の「フルカラー」

↓②A接点押し釦式に交換 (ホワイトボードも交換^_^)

↓裏はこんな感じ。スイッチの記号をよく見ると、片切でないのが分かります。

 

↓③天井内でFケーブルをIOポートに接続
(Fケーブルが届かなかったので、緑・赤・白の弱電ケーブルにジョイントして延長)

 

↓④そしてCF Miniのリレーポートからパワーリレーに接続。

実質、このパワーリレーがスイッチの役目を果たしています!

6.まとめ

この方法は少し工事が煩雑になるため、電気工事業者さんの絶大な協力が必要です。
ただし配線さえできてしまえば、「スマホで照明を入り切りできる。」以外に、様々なオートメーションが活用できます。

↓IOポートについては、こちらのブログも合わせてご覧ください。

「アマチュア用オートメーションキット」と「プロ」の違い|プロはIOポートを使いこなす!!
コマンドフュージョンには「赤外線」「リレー」などの他に、「IOポート」というインターフェイスを持っています。IOポートはあまり聞き慣れない言葉かと思いますが、このIOポートがあるか無いかが、ネットで手に入るアマチュア用オートメーションとコマ...