エアコンのリモコン学習で知っておくべき事

裏技・裏ネタ

スマホを使ったホームオートメーションのことでしばしば「エアコンも操作できますか?」と尋ねられるので、今回のブログでなるべく分かりやすく書いてみました。

テレビ vs エアコンのリモコン 同じ「UP」ボタンでもその性質は全くちがいます!

当たり前ですが、テレビの「チャンネルUP」ボタンの信号は「チャンネルUP」です!

エアコンのリモコン学習の前に、まずテレビのリモコンのことから少し考えてみましょう。
なぜならテレビのリモコンの「チャンネルUP」ボタンと、エアコンのリモコンの「温度UP」ボタンとでは、その性質が全く違うからです。

今あなたはテレビの「8CH」を見ています。そしてリモコンの「チャンネルUP」ボタンを押すと当然「9CH」に変わります。
この時「8CHの時に”チャンネルUP”を受信したら9CHに変える」というのは、テレビ本体が処理しています。これを意識して下さい。
テレビのリモコン信号

しかしエアコンの「温度アップ」ボタンは「新しい温度」が送信されます!

ところがエアコンの場合はそうではありません。
例えば今あなたの手元にあるエアコンのリモコンの温度が「24℃」と表記しているとします。そしてあなたが「温度UP」のボタンを押しました。
エアコン温度UP

この時エアコンは今24℃だから25℃に設定しよう!と処理しているのかというと、違います!!

ここで結論になります。
エアコンにおいて「温度UP」を押した時、それは「温度UP」の信号ではなく、
「新しい温度」+「の風量」+「のモード(冷房/暖房/除湿)」+「の風向き(縦スイング・横スイング)」などがまとめて1つの信号として送信されています。 

これによって、「リモコンの液晶表記」と「実際のエアコンの運転状態」とがいつも一致します。
こうしないと、リモコンがエアコン本体に正しく向けられずに操作する度に、「リモコンの液晶表記」と「実際のエアコンの運転状態」との間に差異が生じてきます。

エアコンのメーカー純正リモコンは非常に手間がかけられている!!

つまりエアコンのリモコンには、上の全ての組み合わせの信号があらかじめ登録されているのです。
何通りあるか計算してみましょう。

「温度 (18℃~30℃)の23通り」 「風量5段階」 「モードは冷房・暖房の2通り(除湿は除く)」 「風向き縦(ON/OFF)の2通り」 「風向き横(ON/OFF)の2通り

= 23 x 5 x 2 x 2 x 2= 920

なんと920通りの信号が含まれている!!

この計算には、除湿・OFFは含まれていません。加湿モードなどついているリモコンになると1,000を軽く超えることになります。
つまりエアコンのリモコンは非常に手間をかけて作られているのです。

なぜエアコンメーカーはこのような手間をかけているのか?

もう一度テレビの場合を考えてみましょう。テレビだと、リモコンでチャンネルを変えた時、自分の目でチャンネルが変わったことを即座に確認することができます。
私達は無意識ですが、「リモコンが正しく向けられた。」ということを毎度目や耳で確認しているのです。

 

ところがエアコンの場合、温度設定を1℃下げただけで、「冷たい風が出て来た!」と体感できる人はいません。
(機械がそもそも追いつきません。)

だから、エアコンメーカーは、その確認する対象を“風”ではなく“目視できるリモコン側”に置き換えました。
そして、「リモコン表記」と「本体」とを120%一致させることで、私達は、目で見えない温度・風量設定を目視しながら操作できているのです。繰り返しますが、温度を1℃変更するだけなのに、「今の風量」「今の風向き」までいちいちまとめて送信しているのをご理解下さい。
そしてエアコン本体は、正しく受信すると「ピ!」という音を鳴らして、正しく信号を受信したことを知らせてくれているのです。

「エアコンの温度を変えられます」と宣伝している業者には注意しよう

ホームページで、「エアコンの温度を音声で変えられます。」と宣伝している会社を見かけます。
この業者は注意して下さい。(全てではありません。)

もしその業者が、「OK Google 温度を1度上げて。」と話したときに「温度UP」の信号を発光する、という手法を取っていたら大間違いです。
皆さんも気づいたと思うのですが、24℃の時に「温度UP」を押した信号は「25℃」の信号だからです。
下の写真で「温度UP」ボタンを押したとき発光される信号は、「温度UP」ではなく、「25℃」の信号です。
エアコン温度UP

つまり「温度を上げて」と話したときに「温度UP」を発光させていたら、それは100回発光しようが、1000回発光しようが、エアコンの温度設定は永遠に温度設定は25℃のままです。

実質エアコンメーカー以外は不可能?

これを回避するには、エアコン内のマイコン側の「現時点の温度設定」をハッキングして、かつ、
・20℃なら21℃に設定する。
・21℃なら22℃に設定する。
・22℃なら23℃に設定する。
・23℃なら24℃に設定する。

といったプログラムを組むしかありません。かなり高度な技術です。
これができるのは、開発費、時間、人員が潤沢にある会社に限られる、実質エアコンメーカー以外不可能でしょう。

ところが「OK Google 24℃に変えて。」「OK Google 25℃に変えて。」と、温度を指定する手法を使う会社はまだ信用があると思っていいと思います。

エアコンのリモコン学習にはバッファー容量の高い学習器が必要

(以下当社の宣伝になりますので、興味ある人のみ読んで下さい。)

エアコンの信号は組み合わせが多い事が分かりました。組み合わせが多いということは、重複しないようにエアコンのリモコン信号のコードはテレビよりも字数が多い、ということを知っておきましょう。

↓こちらはWoo(日立液晶テレビ)の「チャンネル+」信号(クリックで拡大)

↓こちらはダイキンエアコンの「25℃・冷房・風量オート・スイング無」の信号(クリックで拡大)

見ての通りエアコンの方がコードが長いのが分かります。
勇者1人でプレイするドラクエIよりも、3人パーティでプレイするドラクエIIの方が復活の呪文の文字数が多いのと同じなのです。

ちなみにドラクエ3の場合、復活の呪文を採用すると、800文字を超えるのでバッテリーバックアップシステムを採用した、と筆者が小6の時にファミ通に書かれていました。

話を戻しましょう。だから性能の良くないリモコン学習器は、テレビはできてもエアコンの学習はうまくできないのです。
CommandFusionのIR Learnerは大容量バッファーと455kHzといった高周波まで対応した学習器です。
CommandFusionはもちろん、クレストロンにも対応しています。
https://greenworksjp.com/products/ir-learner/

これまでダイキン・三菱・日立・パナソニック・東芝などの国内の主要エアコンメーカーは全て学習してきました。うまく学習できなかった事は1度もありません。

グリーンワークスの場合

グリーンワークスがエアコンのリモコンの学習を行う場合、

「風量はAUTOのみでご理解下さい。風向きのスイングなどは純正リモコンで行って下さい」
「その他細かい設定も付属の純正リモコンで。」
とご理解して頂いています。
これで学習を要する信号が1000通りが50通り以下になります。現場で対応できる作業時間に収まります。