赤外線発光器の発光力比較

赤外線発光-屋外テスト ハードウェア

グリーンワークスから間もなく発売予定の“GW-IRB4”の実機テスト、屋内の実測は20mと十分な数字を叩き出した。果たしてその数字は「反射頼り」のものなのか? 反射がほとんど無い屋外で行った。果たしてその結果は?

1.テストはクレストロンなども使った

製造設計側から「反射のない屋外で到達距離を実測で測った方がいいのでは?」という声が挙がったのが今回のテストのきっかけ。赤外線発光器-最大到達距離

本テストの発光器のラインナップはこちら

↓今回のテスト機のラインナップ。

①付属リモコン:このテストの到達距離の基準に

②今回のテスト主役 “GW-IRB4”:内蔵LED4個

③今回のテストの大本命 “CF IR Blaster” :前面に8個、左右に2個ずつ。合計12個のLEDを搭載!!

④CFSolo:コントローラーでありなながら内蔵発光器を搭載。
果たしてその距離は?

とったらリモコンに向けて届かなくなるまで発光

届かなくなるまで発光するいたって原始的なテスト方法。テスト中とにかく「何してるんですか?」と話しかけられた。怪しいと思うのも無理ない。

2.到達距離テスト開始!!

    1. まずは基準になる「①付属のリモコン」を連打!!徐々に後退してもらう。
    2. ↓届かなくなった所で、少し前進。届く限界の所を計測

3.テスト結果

真正面に発光した到達距離

本命の③CF IR Blasterが思いの他伸びなかった。室内では壁紙や窓などの反射によって到達していることが分かった。

[table id=2 /]

角度を変えてテストもしてみた

ついでに角度を変えてみた。③CF IR Blasterは左右にLED2個ずつ搭載したIR Blasterは90°で5m。純正リモコンとほぼ同じ距離だ。
[table id=3 /]

4. コントローラーから発光器までは何メートル?

さて次のテストだ。実際CommandFusionのコントローラは弱電盤に取り付けられることが多く、そこから発光器までの距離は2~3mで収まることは無い。はたして何メートルまで伸ばしても到達するのか?

↓ということで100m巻ケーブル3巻を数珠繋ぎで接続してみた。果たして結果は??

結果:
コントローラーはCF SoloのIRポートを使用。全く問題なく動作。上の到達距離が短くなることも無かった。

5. コントローラーによって距離は変わる??

赤外線が発光される大もとが変われば、発光距離も変わる?

↓ということでクレストロンを使って計測。
赤外線発光-クレストロン

[table id=4 /]

結果:
CommandFusionの④CF Soloと全く同じ距離。コントローラーで左右されることは無いと分かった。

6.まとめ

    • “④CF Solo”を除いて、どれも純正リモコンの発光力以上はある、といっていい。
    • 屋外になると室内の半減といった所。さらに「さっき届いた距離が少し経つと届かない。」ということも頻繁にあった。曇りだったので、日光が雲に隠れていたのも影響していた可能性は高い。
    • LEDの数は発光力よりも、反射に貢献している
    • コントローラから発光器の距離は300mでは左右されることはない。

こちらがエアコンを操作する時の構成図になる。GW-IRB4は1個置いておけば、よほど広い部屋でない限り到達してくれる可能性は高い。 こちらがエアコンを操作する時の構成図になる。GW-IRB4は1個置いておけば、よほど広い部屋でない限り到達してくれる可能性は高い。