既存のCommandFusionからクレストロンからに連携プレー

CommandFusion-Crestron 裏技・裏ネタ

 

CommandFusionのスケジュール機能は、非常に細かく柔軟にスケジュールを組むことができます。これをトリガーにすることによって、既存のクレストロンに組むこむことができます。
本ブログではその方法を紹介します。

1.CommandFusionとクレストロンの伝言ゲーム

  1. クレストロン側:“hogehoge”というTCPコマンドを受信したら、特定のOUTPUTを実行」すると下準備
  2. CommandFusion側: “hogehoge”を送信

伝言ゲームに等しい。

この”hogehoge”は任意のSerialテキストだ。プログラマーが分かりやすいものでいい。

お互いこのように設定・・・

クレストロンとCommandFusionの連携の流れ

俺は”hogehoge”って受けたら特定のOUTPUTを実行するぞ!

時間になったら”hogehoge”って送るよ!

2.クレストロン側の設定

SIMPL Windows

“hogehoge”を受けたら、特定のOUTを実行するプログラムを追加します。

  1. SIMPL Winowsを開いたら、”Configure”から”TCP/IP Server”を追加
    クレストロンサーバー
    ①TCP/IP Serverを追加
    ②0.0.0.0を入力
  2. ↓上で追加したTCP/IP ServerとSIOを下記のように関連付けます。
    クレストロンサーバー2TCP/IPサーバーのPortには任意のポート番号を入力します。ここでは10209dを入れました。最後に”d”を忘れないようにしましょう。

3.CommandFusion側の下準備”Schedule”を仕込みます

下準備1(ポートを設定します)

クレストロンと関連づけるためのポート番号を指定します。

  1. まずはSystem Commanderを開く
  2. ↓対象のLANBridgeを選択
    クレストロンサーバー3
    ①対象のLANBridge
    ②この場合はSlot13にTCP Client。Slotは13以降であれば任意で構わない
    ③IP Address : クレストロンのIPアドレス
    ④Portは上のクレストロン側でセットしたポート10209を入力
    ⑤何台のクライアントと同時接続可能とするかの設定。全てのSlotの合計が25以内になる数字を設定
    (チェック!うまく動作しない場合、ここの設定が見過ごされていることがある。)
  3.  「Save」した後再起動。設定が反映されているか必ず確認
    反映されていない場合は、再度設定して下さい。

下準備2(スケジュールで”hogehoge”を送信します。)

  1. ↓対象のLANBridgeを再度選択
    クレストロンサーバー4
    ①Add Macro
    ②任意のマクロ名を決めます
  2. ↓”Action Builder”をクリックします。
    クレストロンサーバー5
  3. ↓と次のように選択
    クレストロンサーバー6
    ①TCP/IPコマンドなので、ここでは”Ethernet”
    ②LANBridgeを選択
    ③Slotは上の下準備1で設定した”13″を選択
    ④hogehoge1を入力
  4. ↓Commandが作成されました。”Test Command”を押してみましょう。
    クレストロンサーバー7
  5. ↓Macroが完成しました。必要に応じて”Add Action”から別のアクションを追加できます。
    クレストロンサーバー8
  6. ↓”hogehoge2″を送るマクロ”Macro2″, ”hogehoge3″を送るマクロ””Macro3″を追加します。
    クレストロンサーバー9
  7. ↓上の”Add Schedule”から今度はスケジュールを組みます。
    クレストロンサーバー10
    Macro Nameの所は、さっき追加したMacroがプルダウンで選択できます。
    この方法は、別のブログで詳しく紹介してあります。
  8. ↓スケジュールが完成しました。
    クレストロン12
  9. スケジュールの詳しい説明は下の「LANBridgeのスケジュール機能を使いこなす!!」を参考しましょう。
    >>LANBridgeのスケジュール機能を使いこなす!!

4.まとめ

CommandFusionのスケジュール機能は非常に柔軟にできるため、煩雑なリピートなど現場でも即座に対応できるのが大きなメリットです。
しかもクレストロン側のVision ToolsやSIMPL Windowsも、ほとんど変更することは要りません。

家電を動かすだけでなく、特定のJoin Noをアクティブにさせることによって、Crestron Mobile上のアイコンやサブページを点灯させたり、サイネージなど繰り返し再生する時などに使えます。