DDNSを使うとホームオートメーションがより快適になる!

裏技・裏ネタ

外からスマホで宅内の照明などをコントロール(ホームオートメーション)を行う場合、スマホと宅内のコマンドフュージョンとの接続は当然確率しないといけません。その方法は主に3つ。

方法1.VPNで接続
方法2.メーカー専用のクラウドを介す
方法3.ポート転送を使う
当社は3の方法を採用しております。
本ブログでは「方法3」を使った時の方法とDDNSを合わせて説明します。

外から宅内LANにアクセスする”道しるべ”となるのがグローバルIPアドレス

ホームオートメーションアプリを使って外から家電を操作する場合のフロー。

①アプリを起動すると、インターネットを経由して宅内のルーターにまず接続。
②ルーターがコマンドフュージョンに誘導。
③その結果アプリとコントローラーのセッションが確立
④家電を操作できる。
という流れを踏みます。(クリックすると図が拡大します。)

アプリはPアドレスを頼りにコマンドフュージョンにたどり着く

IPアドレスには大きく分けて「プライベートIPアドレス」と呼ばれる”中”のIPアドレスと、「グローバルIPアドレス」と呼ばれるルーターの外のIPアドレスの2つがあることを覚えて下さい。
外から操作する場合、アプリがルーターにたどり着く理由は、プログラマーが事前にルーター側のグローバルIPアドレスを仕込んでいるから、たどり着くのです。

ところがグローバルIPアドレスはコロコロ変化

再起動するたびに変わるグローバルIPアドレス

ところがグローバルIPアドレスはルーターを再起動するたびに変わってしまいます。(例外もありますがココでは割愛。)
つまり停電などでルーターが再起動すると、外から家電を操作できなくなってしまいます。

じゃあ、ルーターを再起動するたびにプログラマーはアプリに入っているルーターのIPアドレスを変更するの?ユーザーもアプリを更新しないといけないみたいだし。
どちらも面倒じゃない??

 

鋭い!!本当はそうなんだ。
でも、DDNS対応のルーターを採用すれば、プログラマーは、グローバルIPアドレスではなくホストネームを指定することができるんだ。だかららIPアドレスが変わっても接続先は同じ所に指定しれやればOK!

DDNSを使えばIPアドレスが変わる問題はいっきに解決!!

僕もその方が作業が楽だよ!!

へー・・・。なんとなく分かったわ。

でもホストネームがどうやってIPアドレスに紐づくの?

ルーターのグローバルIPアドレスが変わった時のフロー

DDNS対応ルーターの場合、定期的に現時点のグローバルIPアドレスをそのDDNSサービスに通達します。そしてDDNSサービスが世界中のDNSサービスにIPアドレスが変わったことを知らせます。これによってアプリはルーターに辿り着く、という訳です。
(下の図はクリックすると拡大します)

 

ルーターがDDNSサービスに今のグローバルIPアドレスを通達するって訳なのね。

IPアドレスが変わった場合、それが世界中のDNSサーバーに反映するまで早いものだと5分もかからないよ。

まとめ – DDNSは作り手・使い手双方にメリットがあります

DDNSとホームオートメーションの関連性はご理解頂けましたでしょうか?
プログラマーはIPアドレスを管理しなくてもいいですし、ユーザーも固定IPなどの有料サービスに申し込む必要が無いなど、双方にとってのメリットがあります。

IP電話と併用する場合ルーターが限られてきます。なおDDNSの具体的な設定方法は各メーカーのサポートサービスまでお問い合わせ下さい。

DDNS + ヘアピン対応が実質最強

こちたの「ヘアピンNAT」についてもご覧ください。

更にそのルーターがヘアピンNATにも対応していると、家の中にいても外からでも両方ホスト名を使って接続が可能です。
合わせてご覧ください。

ヘアピンNATとは?? (その1)
(このブログを読む前に、「ポート転送」の意味を理解することをお勧めします。) ヘアピンNATって何? まずは「ポート転送」の紹介から ウェブサーバー管理者は、単にサーバーを設立するだけではありません。 ルーターのポート(80番)をウ...