トグルって何??

トグルとは 用語
オートメーションで知っておくべき用語の1つに「トグル」という言葉があります。少し掘り下げて紹介したいと思います。

「トグル」はハードがシンプルなのがメリット

トグルとは?
ある同一の操作をすることで、2つの機能を切り替えられるスイッチ機構のことである。例えば、テレビの主電源スイッチは、一度押すとONになって画面が映り、もう一度同じように押すとOFFとなって画面が消える。
(KDDI社用語集より抜粋)
私たちの身近なものですと、
  • お風呂の「追い炊きボタン」
  • テレビのリモコンの「電源ボタン」
  • テレビのリモコンの「音声ミュートボタン」
  • パソコンの「電源ボタン」
  • 床暖房の「ON/OFFボタン」
  • 自動車の「スターターボタン」


などがあります。

機器の状態によって、そのボタンの機能が変わります。

車のエンジンを切る時、耳を澄ましてスターターボタンを何度か押して「今どっち?」という経験をした事のある人は多いと思います。トグルはボタンが1つで済む反面、やっかいなのです。

「ディスクリート」は”確実性”

トグルに対して、それを命令すれば必ずその方向に切り替わるものを「ディスクリート」と言います。
私たちの身近なものですと、

  • エレベーターの「上下ボタン」
  • エレベーターの「開閉ボタン」
  • テレビのリモコンの「チャンネルボタン」
  • 照明の「片切スイッチ」

これらは全て押した通りに機器側が作動します。

ディスクリートはリモート制御に適しています

ディスクリートは命令すると、機器が必ずその方向に切り替わるので遠隔操作に向いています。

例えば、下の写真のリモコンボタンをアイリモコンやNature Remoなどに学習して、スマホで外から操作したとします
(ON/OFF独立しているので、ON/OFF意図しない方に切り替わることは起こりません。)

 

「トグル」の遠隔操作は、目隠しと同じ!「丁か半か」の大博打!

話をもう一度トグル戻します。あなたは外からスマートフォンを使ってお風呂を追い炊きするシステムを自作したとします。

 

あなたは家から1歩出れば、それは目隠しをしながら操作しているのと同じです。

 

もし既に「追い炊き中」であれば、わざわざそれを停止してしまうことになります。
外れればマヌケ!!あなたは「丁か半かの大博打」をしているのです。

↓この大博打を避けたい人はこちらもご覧ください。

外から『お風呂の追い炊き中』の「状態」を知る方法
外から「状態」を知る確実な方法 スマホを使って外から操作できるシステムを導入したとしても、今沸いているかどうか確認する方法が無ければ意味がありません。 方法1.家族に電話して確認してもらう 「今からお風呂沸いてる?」と家族に確...