リレーって何?「ざっくり言うと スイッチ」

リレーって何 用語

ざっくり言うと “スイッチ” – もう少し詳しく言うと “電気で動かせるスイッチ”

リレーは、エレベーター・鉄道・工場など、私たちの日常には欠かせない存在となっています。

リレーを使わずスマホで照明を入り切りする方法

「リレーを使わずにスマホで照明操作したい。」こんな相談を受けた時、私はMabeee(スマホで制御できる乾電池)とプラレールを使って、下の写真のような事をまず考えます。ふざけてはいません。
それほど、リレーはオートメーションシステムに必須アイテムであると言っても過言ではありません。
(>>Mabeeeのリンク)
プラレールでオートメーション

リレーはあなたの指代わりにスイッチを開閉してくれる

リレーはあなたの指の代わりに電気と磁石を使って回路を開閉してくれます。これによって様々な遠隔制御ができるようになります。リレーは、電気工事業社の方ならどなたでも知っています。

(リレーのことを「マグネット」と呼ぶ工事士もおります。厳密には違いますがここでは同じと定義します。)

CommandFusionのCF Miniには4つのリレーが内蔵

CF Miniには4つのリレーが内蔵されていて、スマートフォンから自由に開閉できます。
これによって赤外線制御だけではできないな様々オートメーションを生み出します。

↓DIN-MOD4になれば最大32ポートも装着可能!!DIN-MOD4

具体的にリレーは何に使われるの?

その1.「照明」

以上のことからリレーは「照明に使える!」とは容易に想像して頂けたと思います。これで最初のプラレールは必要なくなりました!笑
スマホでリレーを介して照明操作-1

上の図は、一見難しく見えますが、電気工事士であれば誰でも理解できます。

 

その2.リレーで制御される端子に繋げる!

機器によっては、リレーを使って制御されることを前提として、それ用の端子を持ったものがあります。

この受け側の端子のことを「外部接続端子」と言います。

↓三和シャッターさんから実際に頂いた接続図。(クリックで拡大)

弊社からは「ワンショットを送ればいいですか?どこに接続すればいいですか?」という質問に対する回答です。非常に分かりやすく書かれています。 弊社からは「ワンショットを送ればいいですか?どこに接続すればいいですか?」という質問に対する回答です。非常に分かりやすく書かれています。

リレーをどう活用するかは、みんなの知恵が必要。

配線工事も話し合い次第で簡略化できることも

下の回路図は、ある現場で打ち合わせで使われたスケッチです。
お施主様から「家じゅう全ての照明を個別に操作できないか?」とご相談を受けたのですが、個別に操作すると膨大な回路数になってしまいました。そこで設計士の方が、スマホで操作する所と、そうでない所をお施主様ともう一度吟味して完成した結果、下の回路図になりました。

ゾーンスイッチ

これによって配線工事と設置スペースの簡略化に成功しました。詳細は別のブログで紹介します