JEM-Aとは? HA端子の違いって?

用語

HAは「ホームオートメーション」の略、JEM-Aは「通信規格」

HAは「ホームオートメーション」の略。そしてJEM-Aは「日本電機工業会」のことを言います。
そして皆さんが思う「JEM-A」は、正しくは「JEM-A1427」という通信プロトコルの略なんですが、オートメーションの業界では「JEM-1427」のことをみんなJEM-Aと呼んで、それがまかり通っているのが現状です。

現物の写真がこちら

HA端子
HA端子の拡大図

電気錠のJEM-A端子
ゴール社電気錠のコネクター

昔はパルス信号を使って外から家電をON/OFFするのに使われていました。しかしIoTの普及に伴い、このJEM-Aが最近になってまた注目されはじめています。

JEM-Aを使って制御できる主な家電

  • エアコン
  • 床暖房
  • 給湯器
  • 電気錠

JEM-Aのメリット|双方向通信だから「状態」が分かる!

「学習リモコン装置」との一番の違いはココ!!

学習リモコン装置とそのアプリの普及によって、アマチュアでもスマートホンやAIスピーカーを使って、簡単にホームオートメーションを導入できる時代になりました。
学習リモコン系のガジェットは、大量のリモコンをまとめる時に役立ちますが、肝心の「ついた」「消えた」の状態が分からないため、外から操作が必要な機器にはあまり向いていません。

JEM-AはON/OFF状態を確認できる!

それに対してJEM-Aを持った機器の場合、ON/OFFの状態を確認できるのがメリットです。

例)「床暖房が運転時」アイコンがアクティブになる時のフロー

JEM-A対応の床暖房が運転時

例)「床暖房が停止時」アイコンが非アクティブになる時のフロー

JEM-A対応の床暖房が運転停止時

(お時間あれば後でご覧ください。)
アイコンが変化する仕組みについては、下記の「2.  アイコンを変化させる」の方法を使います。

「アマチュア用オートメーションキット」と「プロ」の違い|プロはIOポートを使いこなす!!
コマンドフュージョンには「赤外線」「リレー」などの他に、「IOポート」というインターフェイスを持っています。IOポートはあまり聞き慣れない言葉かと思いますが、このIOポートがあるか無いかが、ネットで手に入るアマチュア用オートメーションとコマ...

JEM-Aのデメリット|単純命令しかできない・・・。

便利なJEM-Aですが、ちょっと厄介な所もあります。

デメリット1|「運転命令」しか存在しません

・JEM-Aの命令には、トグルと呼ばれる「運転命令」しか存在しません。つまり、「ONになれ!」「OFFになれ!」という命令が存在しないため、「一斉オフ!」に使われる「OFF」の命令を送信するには、ちょっとしたテクニックが必要とします。

↓トグルについては是非こちらをご覧ください。

トグルって何??
オートメーションで知っておくべき用語の1つに「トグル」という言葉があります。少し掘り下げて紹介したいと思います。 「トグル」はハードがシンプルなのがメリット トグルとは? ある同一の操作をすることで、2つの機能を切り替えられるスイ...

デメリット2|回路の指定ができない

前述の「運転命令」ですが、回路を指定することもできません。例えば床暖房の2回路ついたタイプだと、機種によって違う動きをします。

2回路ある場合、1回路タイプを2個用意して下さい。

こちらお宅は、1回路の床暖房コントローラーを3台用意してもらいました。