Dropboxを使えば操作画面をGUIを更新-訪問不要!

CommandFusionを導入すれば、ちょっとしたプログラムや画面レイアウト(GUI)の手直しで、プログラマーは訪問することはあまりありません。
サーバー経由で行えます。
ftpサーバーを経由させる方法などありますが、今回はDropbox経由で更新する方法を紹介致します。

1. プログラマー側の作業

通常どおりGUIを更新してアーカイブしたものをサーバーにアップする流れです。ここではDropboxを使います。

↓1.今回はサンプルなので、GUI名を「hoge.gui」としました。

↓2.更新作業が終わったら「アーカイブ」
更新が終わりましたら、「File」>「Export」>「Project archive」を選びます。

↓3. Dropboxが勝手にサーバーにアップしてくれる!終わったら緑チェックが入る

これでサーバーにアップされた。プログラマーの作業は特に「アップした」という実感は無いはずだ。

↓4. 「hoge.gui.zip」を右クリック > 「Dropboxのリンクをコピーする」を選択

↓5.メモ帳に貼り付ける

↓6.メモ帳上でそのURLを次のように編集

↓7.編集が終わるとURLは次のようになる

↓8.そのURLを先方にメールで送信する

ここまでが送信側が行う作業になります。
続いてユーザー側が行う作業になります。

2. ユーザー側の作業

以下受け取った側になります。

↓1. 下記の方法で更新します。(File URLの所にメールで送られたURLを貼り付けます)
http://bit.ly/2nF5Fxf

↓2. 起動して完了!!