ハイパワー赤外線発光器

1台で部屋中をカバー・強力赤外線発光器


12個の内蔵リレーが270°発光!!

インターフェイス:CF Link
国内メーカーを含む膨大なAV機器のIR信号をプリセット済
リモコンでは学習できないON/OFFダイレクト信号も搭載!
クレストロンとの連動も可
第三のリモコン信号をトリガーにできる!

外部リンク

CF Linkを使った拡張(メーカーサイト)
メーカー公式サイトはコチラ

IR Blaster基本構成

  • IRBlaster-Image
    正面+左右=270°発光!!これ一台で部屋中をカバー!
  • IR Blaster
    LANBridgeをかますことで、既存のクレストロンからの命令を受けてエアコンに向けて発光します。
    プログラムは既存のSIMPLをベースにご利用できます。
  • 赤外線発光器-1
    正面から発光した場合。8個のLEDから発光されているのが分かります。
  • 赤外線発光器-2
    横から発光した場合。2個のLEDから発光されているのが分かります。
    これで正面と左右。合計270°カバー!

取付例

  • IR Blaster 取り付け例-2
    プロジェクターの上に両面テープで固定
  • IR Blaster取り付け例
    分かりにくいですがLANBridgeもプロジェクターの上に置いています。
    その分AVラック内がスッキリ!
  • 赤外線発光器 - 取り付け例
    開口窓のところに取り付け
  • IR Blaster 取り付け例-1
    天井にボードアンカーで固定した例です。
  • IRBlaster-install-5
    AVラックの上に置いた例

基本操作

パナソニック とったらリモコンの信号をSystem Commanderで発光

  • SystemCommander-IRBlaster-1
    System Commanderの画面。
    CF IR Blaster内に保存された「Panasonic とったらリモコン」のCH-Aの電源ボタンを発光する際の操作です。
    「SEND」を押すと発光されます。
    この作業にiPhone/iPadは不要。もちろんコンパイルも要りません。現場の作業時間短縮に大きく貢献!!
  • SystemCommander-IRBlaster-2
    動作したら配線もIR信号どちらも完璧です。
    次にLinked Playerからその信号を発光するプログラムを作ります。
    そのログを右クリックしてコピーしましょう。
    >>コピーした後は、GUIで完結を参照下さい。