工事業者の方々へ

Linked Playerを使った照明システムを導入するにあたって、設計士様、工務店様からよくある質問にお答えします。

なぜグリーンワークス?

各メーカーから登場している”既製品”とグリーンワークスのオートメーション “リンクド・コントロール・システム”の違いについて
一言でいうと「1つのアプリでいろいろな設備に対応しているから」です。

工事区分について

CommandFusionは

  • IOポートが接点を感知したら、パワーリレーの開閉状態を今とは逆にする
  • iPhone/iPadの特定のボタンを押したら、パワーリレーの開閉状態を今とは逆にする

という設定が、マトリクスを使ってどうにでもできてしまいます。この性質をうまく利用します!!

パターン1.個別にON/OFFする箇所

個別スイッチとは?

押しボタンスイッチとiPhone/iPad、どちらからでも照明を個別に入切できます。
こんな所に! : :外灯、リビング、キッチン、間接照明など

ここまでが建築業者様工事区分!!

・照明スイッチを盤内に設けます
・壁面の押しボタンはワンショットタイプのものを敷設。
工事進行中も影響無し。責任区分も明確です。

ここからがグリーンワークス責任区分!!

  • 情報分電盤内のスイッチをパワーリレーと交換
  • CommandFusionに「IOポートが接点を感知したら、パワーリレーの開閉状態を今とは逆にする」と設定
  • アプリLinked PlayerがインストールされたiPhone/iPadに、特定のボタンを押したら、パワーリレーの開閉状態を今とは逆にするとプログラミング

これで押しボタン、iPhone/iPadのどれを操作しても、パワーリレーが開閉を繰り返すので、照明を操作できるというわけです。

パターン2.ゾーンスイッチ

ゾーンスイッチとは

ゾーンスイッチを押すと傘下のスイッチが一斉OFFになります。「ホテルのカードキーを抜き差しすると、主電源がON/OFFする仕組み」と原理がよく似ています。

こんな所に! : トイレ、階段、通路など

ここまでが建築業者様工事区分!!

・「ブレーカー」~「スイッチ」~「照明器具」の配線は通常工事とほぼ同じ
・ただし「ブレーカー」~「スイッチ」の間に”主スイッチ”を敷設
・主スイッチは情報分電盤内に設置して下さい
・主スイッチをONにするとパイロットランプがONになる配線にお願いします
・主スイッチがONにならないと、照明はONになりません
これで工事進行中影響無し。責任区分も明確です。

ここからがグリーンワークス責任区分!!

・主スイッチをパワーリレーに交換
・CommandFusionからパワーリレーを制御。
・パイロットランプをブランクパネルに移設。