IoTで外からも確実に照明操作

Linked Player

リンクド・コントロール・システムとは、アプリLinked Playerを使った照明コントロールのこと


iPhone/iPadを使った「携帯性」、壁に取り付けられた押しボタンスイッチの「確実性」、
この両立ができる照明操作です

 

リンクド・コントロール・システム

Linked Control System (LCS)

ここ最近、スマートフォンを使って照明を操作するシステムが多く登場してきました。
しかしその多くは、「照明器具(電球)側またはスイッチ側のどちらかに無線機能を持たせて、“メーカー専用アプリ” から操作する」方法を取り入れています。
これだと、機材の高くなるのはもちろん、「1つのボタンでエアコンテレビも同時に切る」といった他の機器との連動操作ができません。
それに対してリンクド・コントロール・システム(LCS)は、その照明操作をCommandFusionというコントローラーに集中。もともとCommandFusionは照明だけでなく、エアコン、床暖房もコントロールように設計されているので、照明はもちろん、その制御や連携がメーカーを問わずできるのが特徴です。

照明メーカーの純正アプリとの違いは?

リンクド・コントロール・システム(LCS)にできて、既製品の照明アプリでできないことって?

他の設備との連携ができる

アプリLinked Playerは照明専用のアプリではありません。1つのボタンでTV、エアコン、床暖房、テレビ、電動カーテンを一括制御できます。

ON/OFFの変化をリアルタイムで感知!!

Prowlと呼ばれる通知アプリをインストールすれば、照明のON/OFFの変化をリアルタイムで感知。世界中どこからでも家族の帰宅などが分かります。
iPhone通知

外から操作ができる

パナソニック・アドバンスドシリーズのような専用のルーターを使わないため外からも操作ができます。もちろんON/OFF状態はアイコンで確認可。

照明器具・スイッチどちらも一般的な電材を使用

特別な照明器具、特別なスイッチは一切使いません。そのため一般的な電気工事業者でも工事が可能。

照明以外もON/OFF

グリーンワークスの照明システムは、

これらは一切使いません。
CommandFusion(コマンドフュージョン)製品を介してパワーリレーを開閉。これによってスマートフォンと押しボタンスイッチどちらからでも照明をコントロール。
(>>図参照)

照明器具のメーカーやモデルは一切問いません。もっと言えば、コンセントの開閉や池の噴水まで制御できます。
※Linked Lighting Controlは、あくまでもLinked Control System(集中制御)の一部としての位置づけとご理解下さい。

b-outlet
b-bulb
iPadで池の照明を操作

iPadで池の照明を操作

ゾーンスイッチ

工事業者の方々へ

このページではLinked Playerを使った照明システムを導入するにあたっての、設計士側、工務店側による視点からの疑問にお答えします。

Youtubeで解説

照明を操作するだけでも、やり方はさまざま
導入する場所や現場の進行具合によって、一番あった使い方を選びましょう!!

パート1

スマートフォンのみで照明をON/OFFさせる一番シンプルな構成。このシリーズの他の動画の基本となる構成なのでここでしっかりと抑えましょう

パート2

スマートフォンと押しボタンとを併用した構成。実質このパート2が一番汎用性の高い構成です。

under-constraction-thumbnail

(作成中)