IoTで外からも確実に照明操作

グリーンワークスはiPhone/iPadを使った「携帯性」、壁に取り付けられた押しボタンスイッチの「確実性」、
この両立に強くこだわっています。

Linked Lighting System

ここ最近、スマートフォンを使って照明を操作するシステムが多く登場してきました。
しかしその多くは、「照明器具(電球)またはスイッチのどちらかにWiFi機能を持たせて、メーカー専用アプリから操作する」というもの。
この場合、照明器具・スイッチどちらも単価が高くなる他、「エアコンなどとの連携ができない」などのデメリットがあります。
それに対してアプリLinked Playerを使った照明システムは、これらの操作をCF Miniに集中させて入り切りします。このため、照明器具とスイッチいずれも一般的な「工事用電材」として販売しているものを使えます。
つまりコストダウンはもちろん、他の機器との連動がメーカーを問わずに導入できるわけです。

既製品の照明アプリとの違いは?

他の設備との連携ができる

アプリLinked Playerは照明専用のアプリだけじゃありません。そのためエアコン、床暖房、テレビ、電動カーテンを一括制御できます。
スマホで照明OFF

通知メッセージでON/OFFの変換を感知できる

照明のON/OFFの変化をリアルタイムで感知します。世界中どこからでも家族の帰宅などが分かります。
iPhone通知

外から操作ができる

パナソニック・アドバンスドシリーズのような専用のルーターを使わないため外からも操作ができます。そのON/OFF状態はアイコンで確認可。

CF製品以外は全て一般的な電材を使用

特別な器具、特別なスイッチは使わない。そのため一般的な電気工事業者でも工事が可能。

施工方法については>>ココを参照して下さい。

照明以外もON/OFFできる

グリーンワークスはの照明コントロールは、特別な機能を持った照明器具(ランプ)押しボタンスイッチは使いません。
制御盤に設置されたCF Miniと呼ばれる集中コントローラーを使ってパワーリレー(磁器開閉装置)を電源回路を開閉させます。(>>図参照)

このため照明器具側は、メーカー、品番は一切問いません。もっと言えば、コンセントの開閉や池ポンプまで制御できます。

Youtubeで解説

照明を操作するだけでも、やり方はさまざま
導入する場所や現場の進行具合によって、一番あった使い方を選びましょう!!

パート1

スマートフォンのみで照明をON/OFFさせる一番シンプルな構成。このシリーズの他の動画の基本となる構成なのでここでしっかりと抑えましょう

パート2

スマートフォンと押しボタンとを併用した構成。実質このパート2が一番汎用性の高い構成です。

under-constraction-thumbnail

(作成中)