パートナー直撃インタビュー

 
ホームオートメーションのシステムプログラマーとして活躍中の伊藤紀宏氏。
CommandFusion、iRemocon、クレストロンなどをうまく使い分けて、AV機器だけでなくさまざまなオートメーションに取り組んでいる。
その伊藤氏がCommandFusionに注目した経緯や、その後について直撃インタビューしてみました。

CommandFusionと出会ったきっかけは?

— 伊藤さんがホームオートメーションを始めたのはいつごろですか?
伊藤 : 2010年でした。クレストロンから始めて、iRemoconやレッドアイなど使っていました。

— 伊藤さん自身がCommandFusionを知ったきっかけは?
伊藤:確か2011年のシアタールームの案件でした。iPadとクレストロンを使ってエアコンを操作するのに、リモコンの赤外線信号を強力に飛ばせる発光器が必要でした。
インターネットで検索していたら、グリーンワークスさんのウェブサイトにたどり着き、IR Blasterが該当の商品のように見受けられました。実はその時既にクレストロンを仕入れていましたが、グリーンワークスさんのHPに「クレストロンとの併用もできる」と書いてあったので、問い合わせてみました。

— 意外ですね。その前から既にいろんなコントローラーのプログラムを手掛けているかと思っていましたよ
伊藤:その時のプログラムの細かい部分は、全てグリーンワークスの田畑さんにお願いしましたが、やはり自分でもプログラムをやりたいと思い、プログラムのトレーニングを受けることにしました。

その時の構成図

クレストロン側のプログラムは変更は最小限に。これで既存のアプリの使い勝手を変えることなくLANBridgeを介してIR Blasterに発光を命令。

強力赤外線発光器 IR Blaster

強力なIR発光器。前面8個、左右2個ずつ。合計12個のLEDで部屋中をカバー

GUI Designerで「画面デザイン」と「命令プログラム」の両方を1つのソフトで完結!

— CommandFusionの良い点は?
伊藤:GUIDesignerまず、操作画面作成ソフト「GUI Designer」の起動が速いことに大変驚きました。しかも”画面デザイン”と”コントローラーに命令するプログラム”の両方がこのソフト1つで完結するということに感動しました。
あと、完成した操作画面をiPadにアップロードする時、クレストロンの時は一旦コントローラーにアップした後、iPadからそれをダウンロードという二度手間が必要でした。でもCommandFusionの場合、ノートパソコンから直接ダウンロードできるので、現場での時間削減に大きくつながっています。

GUI Designerの操作画面

画面作成(左側)と命令コマンド(右側)とが1つのソフトで完結している。伊藤氏は平面図を入れるなど直観的にユーザーが操作できるように工夫しているのが分かる。

Systems Commanderで工事時間は大幅に削減!!

— 施工面で何か変わりましたか?
伊藤:CommandFusionの場合、System Commanderというソフトウェアが非常によくできています。どのコントローラーからどういった命令をどの機器に送るか。これらが瞬時に行えるように工夫されています。
これで動けば配線とコマンドは100%合っていることになります。配線部隊は次の作業にうつって、僕は安心してプログラムに集中できます。
CommandFusionのメリットの中でも、これが一番大きい所と感じます。

System Commanderの操作画面

起動すると同一LAN内のCommandFusionコントローラーを全て自動検索してくれる。
画面はリレー操作画面。どのリレーポートが閉じているか直観的に分かる。更にこの画面から直接リレーを開閉することができる。これで動けば配線は確実に合っている。

Webデザイナーなら、更なる可能性

— 今後の伊藤さん自身の目標は?バドシーン伊藤3
伊藤:CommandFusionは、当初から操作画面のエフェクトやスワイプが可能でした。
MP3など使って音を出したり。いろいろできる分、プログラマーのセンスも問われます。
ウェブデザイナーの方でしたらJava Scriptを駆使して、きっと僕のよりもっとカッコいいGUIインターフェイスが作られるでしょうね。
CommandFusionは、自分自身をプログラマーからクリエイターにしてくれました。
今後の目標としてはJava Scriptを勉強してさらに面白い操作画面を作りたいと思います。

— お忙しい中ありがとうございました。(インタビュー : 2016年 6月)