プログラマー直撃インタビュー

バドシーン社-伊藤紀宏氏

オートメーションプログラマーとして活躍中のバドシーン社の伊藤紀宏氏。
CommandFusion、iRemocon、クレストロンなどをうまく使い分けて、豊かな経験を基に、AV機器だけでなくさまざまなオートメーションに取り組んでいる。
今日はその伊藤氏がCommandFusionに注目した経緯や、その後について直撃インタビューしてみた。

CommandFusionと出会ったきっかけは?

— バドシーンさんがホームオートメーションを始めたのはいつごろですか?
伊藤 : 確か2010年だったと思います。当時はCrestronから始めて、iRemoconやレッドアイなど使っていました。

— 伊藤さん自身がCommandFusionを知ったきっかけは?
伊藤:2011年の個人宅の案件で、エアコンをIRで操作するのに、強力に飛ばせるブラスターが急きょ必要でした。クレストロン x コマンドフュージョン

「IR Blaster」というキーワードを使ってネットで検索したら、グリーンワークスさんのウェブサイトにたどり着きました。
そこは既にCrestronのCP2Eの導入も決まっていて、うちも既に仕入れていました。ですがグリーンワークスさんのHPに「Crestronとの連動もできる」ということが書いてあったので、問い合わせてみました。
(>>ここのことと思われる)

— 意外ですね。伊藤さんってそのもっと前から既にガンガンプログラマーしているかと思っていましたよ。
伊藤:その時のCrestronとCommandFusionとの連携部分は、全てグリーンワークスさんにプログラムをお願いしましたが、やはり自分でもやりたいと思いトレーニングを受けました。

GUI Designerで「操作画面」と「プログラム」の両方を作成

— CommandFusionの良い点は?
伊藤:Linked Playerまず、操作画面ソフト「GUI Designer」が思いのほか便利で、起動も速く、デザイン・コマンド・マクロまで、全部1つで済むのに感動しました。
操作画面をiPadにダウンロードする時も、いちいちコンパイルしなくていいので、時間削減につながっています。

アプリLinked Playerもよく出来ていて、ボタンの「アクティブ」と、サブページなどでよく使われる「インターロック」、これらはアプリ内で処理してくれます。
つまり今までだと、操作画面の作成だけでもコントローラー必要だったのが、Linked Playerではコントローラー無しで操作画面を作られます。いつでもどこでも作業できるので本当に楽です。
しかも動作がサクサク軽快なので、触って気持ちいです。笑

現場での負担軽減

— 現場での作業効率は?
伊藤:間違いなく上がりました。

Crestronの時は、現場に到着したらノートパソコンの電源入れて「Vision Tool E」「SIMPL Windows」などいろいろソフトを起動しなければなりません。あっという間に画面が足りなくなります。別でモニター持って行ったことも何度かありました。
それで凝った操作画面作って転送しようとしたら「容量が足りません。」のエラー。
「俺のだめじゃん。」って否定されたみたいで。苦笑

Systems Commanderで工事時間は大幅に削減!!

— 施工面で何か変わりましたか?
伊藤:クレストロンの時はiPadにプログラムを入れて、その操作画面に用意したボタンを押さない限り赤外線を飛ばしたりリレーを開閉するなどの操作はできませんでした。
例えばiPadでプロジェクターが動いてくれない時、配線部隊は配線を変えては戻して、僕はプログラムを変えては戻してを繰り返します。そうしているうちに、どんどん時間は無くなります。
CommandFusionの場合、System Commanderというコンソール画面からコントローラーにアクセスして、簡単にIRを飛ばしたり、リレーを開閉したり、さらにTCP/IPのコマンド送信できます。
これで動けば、ひとまず配線と送信コマンドは100%合っていることになります。安心してプログラムの細かい所に取り掛かれます。
CommandFusionのメリットの中でも、これが一番デカいと所と思います。

Webデザイナーなら、更なる可能性

— 今後の伊藤さん自身の目標は?バドシーン伊藤3
伊藤:CommandFusionは、当初から操作画面のエフェクトやスワイプが可能でした。
MP3など使って音を出したり。いろいろできる分、プログラマーのセンスも問われます。
ウェブデザイナーの方でしたらJava Scriptを駆使して、きっと僕のよりもっとカッコいいGUIインターフェイスが作られるでしょうね。
CommandFusionは、自分自身をプログラマーからクリエイターにしてくれました。
もっと使いこなしてさらに上を目指したいと思います。

— お忙しい中ありがとうございました。