とったらリモコンの「ON/OFF状態」をスマホで確認する工事

“Panasonicとったらリモコン”は、リモコンでスイッチ回路をON/OFFできるスイッチ。
個人の方が学習リモコンを使って楽しんだり、クレストロンやアイリモコンと併用することでスマートフォンからも簡単に照明をON/OFFできるのが特徴です。

しかし「ついた?」「消えた?」を確認しながら操作できないと、スマホで使うメリットは半減します。
本ブログではオートメーションシステムに「とったらリモコン」を採用した際、そのON/OFF状態をスマホ上で確認する方法を紹介します。

この方法Panasonicは動作保証外となっております。
不具合、その他の責任は負いません。

工事1-リレーを取り付けます

(工事1)
照明と並列にリレーを取り付けます。リレーはコイル側がAC100Vのものを選んで下さい。
(工事1)
照明と並列にリレーを取り付けます。リレーはコイル側がAC100Vのものを選んで下さい。

工事2-リレーからIOポートまで配線

(工事2)
リレーの二次側をIOポートに接続します。これで照明がONの時はIOポートは無電圧接点を感知します。
(工事2)
リレーの二次側をIOポートに接続します。これで照明がONの時はIOポートは無電圧接点を感知します。

2.GUI DesignerでiPhoneの押し釦を作ろう

上の図から、照明がONの時、パワーリレーは倒れてIOポートの接点がかかります。
その特性を利用しましょう!!

GUIデザイナーというアプリLinked Playerの画面作成ソフトで、“IOポートが接点を感知している間、アイコンを変化させる。”とプログラミングする。
(ここの設定方法については、パートナートレーングの範ちゅうなので割愛。)
これでパワーリレーが倒れている間、つまり照明がONの間IOポートはリレーからの接点を感知する。

ここでは操作するボタンと同じボタンをアクティブにさせています。
詳細はパートナートレーニングで説明します。
ここでは操作するボタンと同じボタンをアクティブにさせています。
詳細はパートナートレーニングで説明します。

3.実際に動かしてみましょう

実際にそのボタンを押した時のプロセスを紹介します。
(クリックするとスライドショーが始まります)

これでスマートから「操作」「状態確認」の両立ができました。

4.まとめ

結局の所赤外線発光器が必須な上、パワーリレーを採用しなければならない。
赤外線発光器を採用すれば、向きや距離など煩わしい考慮が必要・・・。建築側の説明も結局の所手間だ。
最初から照明そのものをパワーリレーを使って操作するスタンダードな方法を使った方がベストだと思います。