入居後にスマホで照明を操作する配線工事

CommandFusionとパワーリレーを組み合わせた照明操作、この方法は既製品の「スマホ対応のスイッチ」を使う方法と違い、1つのボタンであらゆる家電と連動できる他、照明器具を自由に選択できるのが大きな特徴です。
(例えばPanasonicのリンクモデルは、容量がそれほど大きくないため照明器具に制限があります。)
このシステムですが、配線の都合上、新築または改装時でないと導入ができません。
ただ、どうしても導入した場合、条件次第で入居後でも可能です。弊社の導入事例を元にアップしました。

2.この3本を追いかけられたら導入可能!!

電気屋さんになんとかお願いしてみる!!

①スイッチ側の100V
②照明1に送る100V
③照明2に送る100V
この3本が追いかけらたら導入可能!!

上の3本をなんとか追いかける!!これが分からない場合は潔く諦めよう!!

グリーンワークス工事区分

(ア)スイッチからのアタマ3本をCF Miniに接続。
(イ) 壁スイッチをA接点押し釦に交換
(ウ) CF Miniを取り付け
(エ) パワーリレーを取り付け

(下図の吹き出しの先端をクリックすると、施工時の写真がライトボックスで表示します。)

A接点押しボタンを押すと、CF Miniは無電圧接点を感知することになる。これがリレーを開閉させるためのトリガーになるのだ!

3.「押しボタン」 VS 「スマートフォン」併用できる理由がこれだ!!

グリーンワークスは次の2つの仕込みを行う

CFMiniの内蔵リレーを開閉させて、パワーリレーを開閉させる仕組みだ。
仕込み1-「CF Miniは押しボタンから無電圧接点感知したら、パワーリレーの開閉状態を反転させる。」
仕込み2-「アプリLinked Player上に配置した照明ボタンを押しても、パワーリレーの開閉状態を反転させる。」

これによって、押しボタンとスマートフォンのどちらを押しても、
パワーリレーが閉じていたら・・・必ず開く
パワーリレーが開いていたら・・・必ず閉じる

つまり、どちらを押しても照明は必ずON – OFFを交互に繰り返す!!

4.実際の工事の様子の写真

東京都港区の森ビル内の某金融機関にてきんでんと共同工事。

5.まとめ

上の導入事例では、天井を開けられたから比較的容易に行うことができました。
ざっくばらんに言うと、導入には電気屋さんとオーナーさんの「本気度」に左右されると言ってもいいでしょう。
なるべく新築、改装時に導入するようにしましょう。

それとON/OFF状態をアイコンと連動する仕組みについては、別のブログで近日中に紹介します。