「OK Google~」で開店準備完了!!(動画付)

Google HomeとアプリLinked Playerを組み合わせれば、家電などコントロールするだけでなく、画像を使ってスライドショーを再生することができます。
(※この方法は常時アプリLinked Playerが起動している必要があります)

店舗をイメージしたサンプル動画

最初の出勤者が「開店準備」と話せばスライドショーがスタート!!

下は店舗を想定したサンプル動画です。Linked Playerの中に保存した画像ファイルが繰り返し表示されます。
最初に出勤したスタッフは、「OK Google “開店準備”」と話すだけで、照明やモニターなどの電源が投入さると同時にiPadのスライドショーが始まります。全ての操作は基本的にハンズフリーです。

「開店準備」と話すと、スライドショーが開始すると同時に照明ON
「閉店準備」と話すと、スライドショーが停止すると同時に照明OFF

飾り画像も挿入可能

時間帯によって、コンテンツを目立たせるための“装飾画像”を前面に表示させることもできます。
スケジュールでも可能ですが、音声ならお客さんの混み具合などをみて「ただ今10%OFF」のポップを表示させるなどフレキシブルにできます。
飾り画像

バックライトの照度も変えられる!!

営業時間外はスライドショーを停止させるだけでなく、次の日の朝までバックライトを暗くすることも可能です。
バックライト

まとめ

操作できるのは家電だけではない!!

Linked Playerは家電を操作するだけでなく、iPhone/iPad専用のアプリという特徴を生かして、“iPadのバックライトの照度を変える”といった、iOSそのものの設定を変えることも可能です。

この方法はPUNYUS東京スカイツリー店で導入されており、閉店から翌朝の営業開始まで、iPadを無充電で持続することに成功しました。それにより店舗スタッフの負担軽減と省エネに貢献しています。詳細は別のブログで紹介したいと思います。 PUNYUSスカイツリー